2011年01月05日

芸術論 発展問題C



C:「統一芸術論は今日の芸術の低俗化現象を阻止しようとするものであるだけでなく、過去の社会主義リアリズムを批判克服しながら、新しい哲学に基づいた代案を提示しようとするのである。それは新文化社会の創建に貢献するためである。神の摂理から見るとき、未来社会は真実社会であり、倫理社会であるだけでなく、芸術社会でもあるために、新しい芸術論の提示はなおさら必要なのである」(P414)。ここにある、芸術社会とはどのような社会なのか、統一芸術論の観点から説明せよ
<統一思想要綱 P414>




 学生の回答はこちら 
posted by W-CARP JAPAN(ワールドカープ・ジャパン/全国大学連合原理研究会) at 13:32| 統一思想AL 第4回 芸術論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

芸術論 発展問題B



B:「最近になって芸術の低俗化がしばしば指摘されている」(P447)とあるが、具体例をあげ、芸術と倫理という観点で考察せよ。また、トルストイの作風を検証することで、「真の愛を表現した作家」(P448)であることを検証せよ
<統一思想要綱 P447〜P448>




 学生の回答はこちら 
posted by W-CARP JAPAN(ワールドカープ・ジャパン/全国大学連合原理研究会) at 12:40| 統一思想AL 第4回 芸術論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

芸術論 発展問題A



A:「ルネサンス時代の芸術家たちの中には、(創作における主体の要件としての)対象意識をもって創作活動を行った者が少なくなかった」(P431)とあるが、その一人としてレオナルド・ダ・ヴィンチがあげられているが、実際にその対象意識を検証せよ
<統一思想要綱 P431>




 学生の回答はこちら 
posted by W-CARP JAPAN(ワールドカープ・ジャパン/全国大学連合原理研究会) at 12:39| 統一思想AL 第4回 芸術論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

芸術論 問題Q16



Q16: 統一思想から見た共産主義芸術論の誤りを説明せよ。



 学生の回答はこちら 
posted by W-CARP JAPAN(ワールドカープ・ジャパン/全国大学連合原理研究会) at 12:37| 統一思想AL 第4回 芸術論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。